国分寺青年会議所

青年会議所とは

  • HOME »
  • 青年会議所とは
青年会議所とは

青年会議所(JC)は、人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく自由な個人の意思により入会した20歳から40歳までの青年で構成される団体です。
青年会議所の活動は、明るい豊かな社会を築き上げることを目的とし、積極的変化の創造を通して変革運動することを使命とし、その運動を通して志を同じくするものと出会い切磋琢磨することを貴んでおります。

青年会議所の歴史

青年会議所のはじまりは、1915年、アメリカセントルイスで発足した小さな青年活動グループからでした。その自由な発想と経済発展を実現し新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的とした活動が世に認められ、青年会議所は、アメリカの社会活動を担う主要な青年団体へと発展しました。その後1944年には国際青年会議所の発足にまで発展しました。
日本では、1949年に東京青年会議所(旧名:東京青年商工会議所)が設立されたことを契機に、各地で次々と青年会議所が設立されました。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられ、それ以降も、日本各地で青年会議所が誕生していきました。

日本青年会議所の活動

現在、日本全国の青年会議所では、「個人の修練」「社会への奉仕」「世界との友情」の三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、社会開発や青少年問題の解決に向けた事業に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、以下のようなさまざまな活動を展開しています。

3jc2

自己トレーニング

会員が社会活動・経済活動のなかで高い指導力や人間力を備えたリーダーシップを積極的に発揮できるように支援しています。そこでJCでは、全会員の能力向上を目指して数々のフォーラム開催や独自のプログラムを通じた実践的なトレーニングを行っています。また、その高めた能力を発揮する機会の提供にも努めています。

地域特性を生かしたまちづくり

各地のJCでは、市民や行政の共感を得ながら、地域の特性を活かしたまちづくり運動を展開しています。自らが先頭に立ち、環境美化や地域の魅力再発見、伝統の復活など、自分たちの住む地域の活性化に若いエネルギーを燃やしています。

防災・復興支援

明るい豊かな社会の実現には、すべての人々が安全で平和に暮らせる社会になることが重要です。JCでは、人々の暮らしを脅かす災害から人命を守り、災害に強いまちづくりを実現するための事業に取り組んでいます。
また、東北大震災をはじめ大災害の際には、多くの会員がボランティアとして活動し、復興に協力しています。奉仕活動はJCの信条の一つでもあり、青年に与えられた責任であると考えます。

子どもたちの健全な育成

未来を担う子どもたちの健全な育成を図るよう、各地のJCでは、さまざまな青少年事業を展開しています。子どもたちが、明るい豊かな社会を主体的に築く一員として成長していくように、学校・家庭・地域のかけはしとなるべく活動を行っています。

対話がつくるよりよい社会

よりよい社会づくりのために、LOM・ブロック・地区・全国単位でさまざまな会議を開催しています。まちづくりから行政改革、教育問題・環境問題にまで活発に議論しています。

世界の仲間との交流

国際人としての広い視野をもち、友情を築くことで世界の平和を達成したい。各地のJCでは、世界各国の青年会議所と提携し、会員同士の国境を越えた友情とビジネスの輪が広がっています。

理事長所信

現役会員の声

Facebook

リンクバナー

PAGETOP
Copyright © 国分寺青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.